IPO基本

IPO始める際にNISA口座はどこで開設するべきなのか!?

投稿日:2018年7月29日 更新日:

NISAって何?

NISAとは、「少額投資非課税制度」の愛称です。

個人投資家の中長期の資産運用を応援する制度です。

一般NISAとつみたてNISAのどちらかを選択できます。

もしIPO株を購入する際に選択したいのは、一般NISAです。

出典元:野村でNISA

簡単にいうと、普通税金が売却益、分配金、配当金にかかりますが非課税になるという制度です。

NISAをIPOに利用すれば、税金がかからずにそのまま利益が入るということです。

もしIPOで利益がでた場合にNISA口座で買えればお得です!

 

じゃあどこでNISA口座を開設すればいいのか!?

■ 当たりやすい証券会社

■ IPO株をNISA口座で買える場所

NISA口座は1人1つなので、よく考えて申込する証券会社を選択しましょう!

 

NISA口座でIPOの株が買えるオススメ証券会社

私がオススメする証券会社はこちらに書いてありますので参考にしてみて下さい!

IPO証券会社オススメ一覧

オススメの証券会社の中で、NISA口座でIPOを購入できるのはこちらの証券会社です。

■ 野村證券

■ 大和証券

■ SMBC日興証券

■ マネックス証券

■ SBI証券

■ みずほ証券

この6つの証券会社がオススメです。

 

IPO株を購入する際にかかる金額

それぞれの証券会社ごとに設定されています、手数料がかかります。

売却代金ー購入代金ー手数料=売却益

この売却益に税金がかかります。

税率は20.315%(所得税15.315%、住民税5%)です。

 

メルカリのIPOの場合はこのようになります。

■ NISA口座なしの場合

  • 売却代金      50万
  • 購入代金      30万
  • 購入手数料   1863円
  • 税金     40250円
  • 純利益   157887円

 

NISA口座で購入した場合

  • 売却代金      50万
  • 購入代金      30万
  • 購入手数料   1863円     
  • 純利益   198137円

NISAで購入できて利益が出れば、税金分が手元に残るわけです。

とてもお得ですよね!

 

私が1番当選している証券会社

これは、私の個人的によく当たる証券会社です。

やはり大和証券です。

大和証券のIPO情報はこちらをご覧下さい↓

大和証券は主幹事も多く引き受けてるので、当選しやすい証券会社の1つです。

管理人である私のIPOの成績等も書いてありますので参考にしていただければ幸いです。

これからNISA口座を開設する場合は、IPOが当たりやすいと思われる証券会社を選択しましょう!

-IPO基本

Copyright© IPO-Only , 2019 All Rights Reserved.