IPOって何?必要なものは?

更新日:

IPOって何?

まず、IPOって何ということで分かりやすく解説していきたいと思います。

IPOとは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、未上場企業が、新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることを言います。
株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されます。これら株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPOといいます。
企業にとっては上場することにより、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで知名度が上がり、社会的な信用を高めることができるといったメリットがあります。

引用元:カブドットコム証券

簡単にいうと、上場しますので欲しい人いませんか?と証券会社が募集します。

応募して当たった人は、買える権利を得ます。

その株が人気があれば自分が買った価格より上がったので儲かるというのが、IPO初値売り投資と言います。このサイトでは、このIPOの初値売りのみを推奨します。

なぜなら?株が上がるかどうかは分からないからです。

簡単に図解で解説

最近皆さんも知っているメルカリが上場しましたのでメルカリを例に図を使って説明します。

まず上場が承認されます。

 

上場と言うのは、投資家からお金を集めて企業を運営するのにお金を使うために調達します。お金を受け取った代わりに、投資家には株主優待、議決権、配当金を得ます。

 

承認されますと、幹事証券会社が決まります。主幹事証券会社と幹事証券会社が決まります。主幹事は割り当て株数が多いので当たりやすいです。

当てたい銘柄の場合は複数の証券会社で申し込みます。

 

公募価格、つまり購入金額が決まって基本的には入金して抽選を受けます。メルカリの場合は30万でした。

そんなにお金は準備できないという方は、主幹事のみで応募しましょう!

当たったら購入手続きをします。

上場日まで待ちます。

上場日に売り注文を出します。

いくらで売れたかと言うと、50万円です。20万の利益です。

これが簡単なIPOの流れです。

今回はプラスで売れましたが、公募価格つまり購入金額より低い値段で売った場合は損になります。

ただIPOの場合は、そのパターンの確率が低いです。

ただ損をする事もあるということは必ず頭に入れておきましょう!

 

必要なもの

  • 証券会社の口座
  • ネットバンキング
  • お金(最低でも50万くらいは必要)
  • 当たらなくても続ける気力

まずは、証券会社の口座が必ず必要になります。

オススメの証券会社はまた別に紹介したいと思います。

オススメは主幹事引受が多い証券会社です。

私は、まだIPOを初めて2年ちょいですが、主幹事引受証券会社でしかまだ当たっていません。

 

次にネットバンキングです。

口座振込も可能ですが、お金を移動させたりするのが手間なので必要です。

 

次にお金です。

これは、抽選を受ける際に基本的に必要になります。

抽選を受けてから、購入するときに入金する証券会社もあります。

この辺は、証券会社の説明をするときにご案内したいと思います。

最低でも50万と書きましたが、株の値段はそれぞれなので一概に50万とは言えません。

ただ、IPOにまわすお金があまりない方は主幹事証券会社のみ応募しましょう!私もそんなにIPOにまわすお金がない時は、主幹事証券会社のみで応募してます。

 

最後に、当たらなくても続ける気力

これが1番大事で基本的にはそんな当たるものではありません。

続けるのが大事です。当たらないのが普通です。

 

最後に

これから、色々IPOに関してわかったこと、注意点などを正直に答えていきますのでこれからIPOを始めようと思ってる方、IPOってどんなものなのかと興味のある方は参考にしてみてください。

投資は余剰資金で自己責任でお願いします!!

 

-IPO基本

Copyright© IPO-Only , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.